お歳暮ナビでは、お歳暮についての様々なことを紹介します。お歳暮にもらって嬉しいものランキングや、お歳暮を贈るときのマナー、送り状・礼状など知っておきたいことを紹介していきます。

お歳暮のお断り、失礼のない断り方

お歳暮は、日頃お世話になっている人や得意先、目上の人などに対して、1年の感謝の気持ちを込めて贈るものですが、お歳暮の品が贈られることで返って恐縮してしまい、お歳暮を断りたい場合もあります。そんな場合は、電話や手紙で失礼のないよう、「このような品を頂き、心苦しく思っております。今後はこのようなお心遣いは無用にして下さいますよう、よろしくお願い致します。」といったお歳暮お断りの旨を伝えるようにしましょう。頂いたお歳暮と同等の品を返すと良いですね。

特に企業の間では、お歳暮を一切受け取らないことが規則となっている会社が多いです。私は以前、会社員として働いており、総務部にいたことがあります。その際、取引のある企業から会社宛、又は社長宛にお中元やお歳暮が多く送られてきましたが、お断りの手紙を書いたものです。お歳暮お断りの手紙の内容は、「平素は、格別のご交誼にあずかり、感謝しております。さて、この度は、お歳暮品をお贈り頂き恐縮しております。ご好意は大変ありがたく存じますが、弊社の意向でお受けすることができませず誠に申し訳ございません。甚だ失礼とは存じますが、ご返送させていただきますので、あしからずご了解ください。まずは、お礼かたがたお詫びまで。」というものです。

日本では、取引先の企業の担当者やその上席、担当役員等にお歳暮を贈る習慣が広く存在しています。毎年お歳暮のシーズンには、企業から企業へ、得意先幹部同士、社員同士のお歳暮のやり取りが広く行われています。現在は、公務員に関しては、お中元やお歳暮などの贈答品の受け取りは禁じられています。一方、民間企業では、お歳暮は法令で禁止されてはいませんが、バブル崩壊後の虚礼見直しや企業活動のコンプライアンス確保のために、企業の方針として高額の贈答品(お中元やお歳暮)を受け取らない企業が多くなってきているそうです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0